忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/24 01:24 】 |
天気パーティー
どのタイプのパーティーを組むかはさておき基本は覚えておきたい。

まず天候技を使用する際のメリットとデメリットを上げる。
(1)メリット
・特化することで自軍が恩恵を受ける。
・急激な火力アップが望める。

(2)デメリット
・天候技を使用する1ターンの消費は意外とでかい。
・双方の攻撃と回復に影響する(砂嵐の場合は特に)

次に、それぞれの天気の状態をまとめた。

日本晴れ
・炎技の威力が1.5倍、水技の威力が半減
・ソーラービームが即使える、雷の命中率が50%
・氷状態にはならない
・朝の日差し光合成月の光の回復量が2倍

雨乞い
・炎技の威力が半減、水技の威力が1.5倍
・ソーラービームが半減、雷が必中
・朝の日差し光合成月の光の回復量が半減

砂嵐
・岩鋼地面以外のポケモンの体力をターンの終わりに1/8削る。
・朝の日差し光合成月の光の回復量が半減

天気対策
どの天候が相手であっても水タイプが重要である。

対雨(+ハイドロポンプ)と晴れ(+大文字)
カビゴンで受からない規模の特殊攻撃だから半減できる水タイプまたはハピナスが必要となる。
具体的には先のハピナス以外に使用率の高いポケモンではスイクンやスターミーが該当する。
使用率は低いがどちらも満たすポケモンにキングドラギャラドスカイリューがいる。

パーティーによっては水タイプをいれ難い場合もあるためどちらか片方を満たすポケモンを入れる方法がある。
晴れ→バンギラス炎etc
雨→メガニウムフシギバナetc
物理にやや弱い傾向がある。

対砂嵐
相対的に岩鋼地面が強化されているが耐性のない味方の体力の減りを十分に念頭に置く。
草タイプの回復技が半減、水も回復したターンの終わりにHPが削られるため長期戦は
厳禁である。
特殊技にやや弱い傾向がある。

その他
忘れらがちだが電気技も影響を受ける。
雷の命中率が天候によって激変するので安全性をとって10万ボルトにするのも一つの手である。
PR
【2012/05/13 21:26 】 | 未選択 | 有り難いご意見(1)
ミラーマッチと汎用性
例としてバンギラスのパーティーの一部を考察。
同キャラ選ということでエースの持ち技が勝利の分かれ目になる。
エースが不利なら取り巻きに頼ることになるが取り巻きの選択が重要である。
ただカイリキーやスイクンといった専門家を用意するだけでは駄目。
ミラーマッチ以外の時に浮いてしまうから、他のパーティーとぶつかったときのことも構築の段階で考えておく。

条件
(1)バンギラスと一部の自身の受けを倒せる。
(2)倒せないポケモンをバンギラスの起点にできる。


ヘラクロス メガホーン/めざめるパワー飛行/眠る/寝言@ピントレンズ
(1)バンギラスとバンギラス受けのヘラクロスをまとめて倒すことができる。
(2)めざパが飛行のためヘラクロスは飛行毒ゴーストを倒せないため問題があるように思えるがそれらはバンギラスの起点になり、ポケ選で誘導させやすい。

あくまでもバンギラスパーティーを組む上での条件である。
ミラーマッチよりもバンギラス以外のパーティーとぶつかる場合の方が多いため、1つの試合で(1)と(2)が重なるポケモンとバンギラスを同時参戦させるかはプレイヤーの選択に任せることになる。

スターミー 波乗り/10万ボルト/何か/自己再生@麻痺治しの実

カビゴン  のしかかり/爆裂パンチ/眠る/寝言@光の粉

他にもいるけど省略。
【2012/05/02 19:24 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
滅びめざパ水ゲンガー
ゲンガー 黒い眼差し/滅びの歌/めざめるパワー水/道連れ@神秘の雫

単体でノーマル(格闘)+霊狩りを抑止をできる。
*攻撃技は水タイプのため潰せない相手もいる。

前提条件として持ち物の神秘の雫は必須
外すと交代から出てくるヘルガーやガラガラにダメージレースで競り負ける(=対象の相手を処理できない)。

お互いの使用するポケモンのレベルを50として計算している。

ヘルガー:低乱数2発(27.22%)
ガラガラ:高乱数2発(97.11%)
ハガネール:確定2発

以下
地面・岩相手のダメージ
サイドン:確定1発
ゴローニャ:高乱数1発(92.31%)
バンギラス(55):低乱数3発(0.08%)

倒せない霊狩り
カイリキー
ブラッキー
etc

攻撃範囲は決して広いとは言い難く、スイクンエアームドなど低攻撃力のポケモンにも流されてしまう。
考案した人(不明)は消極的な一品といったがまさにその通りである。
めざパ水は場合を選ぶが冷凍(炎の)パンチや10万ボルト以外に並ぶサブ技になるだろう。
【2012/03/28 20:25 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
めざパと毒持ちのライコウ
ライコウ 雷/めざめるパワー氷/毒々/眠る@薄荷の実

いたって普通の型で状態異常の入れ合いに強いと思われる。
確かにそうではあるがカビゴンや地面など他のポケモンと組み合わせることでこの型はさらに活躍する。

カビゴンと組ませる場合:
カビゴンの取り巻きの内状態異常をまくポケモンの中で最強である。
そのため潰し合いを行うと相手を倒すかカビゴンに交代するため毒を仕込めてカビゴン合戦で有利になる。
*あくまでも二匹同士のシミュレートである。3匹戦であるためもう1匹の選択が重要である。

地面(最低でもカビゴンを倒せる能力は必須)と組ませる場合:
ライコウ+地面の組み合わせは電気+撒き菱の昆布に対してほえループより早い速攻能力を持っている。
電気耐性持ちが2枚なので爆破で片方がやられてももう片方が残るので簡単にやられにくい。
撒き菱要員に合わせてライコウを(なるべく同時に)出して毒を選ぶ。
裏読みで撒き菱をまかれても、電気に交代されてもリスクは相手の方が高い。毒が入ると撒き菱要員がパルシェンなら地面を受けられない又は電気が寝込むまでライコウで粘る。
そのためにめざパを地面が受けないようになるべく消耗しないように立ち回る。
その間に毒が回って電気が寝込むのを待つ。
相手が嫌がって誤爆したら電気対地面の構図ができる。

あくまでも過去の遺物です。
【2012/03/21 19:25 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
全抜きガラガラ
ガラガラ 剣の舞/地震/岩雪崩/めざめるパワー飛行@太い骨

どのレベルでも全潰しのアタッカーとして運用することになり、決定力を確保できる。
攻撃力が高い反面、耐久が低めなために役割はほとんど持てない。

以下はガラガラが持てる役割

(1)高速バトン対策を完封する
サンダース
ハッサム

(2)カビゴンに強いポケモンを倒す
フォレトス
ムウマ
サイドン
ゴローニャ
しかし若干怪しい相手もいる。
ブラッキー
ゲンガー
バンギラス
【2012/03/01 20:20 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>