忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/26 16:15 】 |
カビブラ構築の変遷
だいぶ昔のことですが一部関わっていた部分があり当時のことを思い出しながら投稿を。
一人の元pbs利用者の視点から記事だけど記憶の間違いあるかもしれない(待

初期の構築
基本の3匹と技構成
52 カビゴン  のろい/すてみタックル/でんじほう/ねむる@たべのこし
52 ブラッキー くろいまなざし/あまえる/バトンタッチ/つきのひかり@きせきのみ
51 スターミー ハイドロポンプ/サイコキネシス/でんじは/じこさいせい@ひかりのこな

カビゴン:
地震カビのような取り巻きが麻痺をまく必要がない。
タイマン性能が高くカビゴン対決に積極的に出していく強みがある。

処理できないのが
自身より高レベルカビゴン
岩(バンギラスサイドン)
地面(ガラガラハガネール)
格闘(カイリキー)
霊(ゲンガー)
そこを下の2匹でカバーする。

ブラッキー:
高レベルカビゴンを捕獲して逆に起点にする。
当時カビゴン対決の定石は状態異常を入れてから後出しの鈍い積みがメインなため、状態異常要員をカビゴンに繋ぎ詰みに持っているという性質を持つ意味で他の取り巻き一歩リードしていた。

スターミー:
ハイドロでバンギ確定二2、ガラ確定1発、サイコで格闘ゲンガーを倒す。

基本の面子はここで完成している。

他採用ポケモンリスト
ガラガラ
エアームド
カイリキー
ゲンガー
ナッシー
ウツボット
etc

ミラー対策を重視した構築
52 カビゴン  のろい/おんがえし/でんじほう/ねむる@はっかのみ
素眠り時に相手カビゴンに鈍いを連打されないように薄荷で即対応できるようになった。
すてみカビゴンを反動利用で倒しやすくするようにメイン技に恩返しが採用された。

52 ブラッキー くろいまなざし(pp5or8)/あまえる/バトンタッチ/つきのひかり@きせきのみ
技構成に変化が見られないがくろまなのpp消費について意見が別れた。
pp5のメリット:アンコールを早期に解除してカビゴンに繋げやすくなる。
pp8のメリット:pp差を利用して後出しじゃんけんに勝ちやすくなる。

51 スターミー ハイドロポンプ/こうそくスピン/でんじは/じこさいせい@ひかりのこな
今までノータッチだった昆布の対策を重視。
後述の格闘耐性が得られるようになったため、サイコがスピンが取って代わった。

他に採用するポケモンに変化が見られるようになり、個性が見られるようになった。

51 ウツボット  ヘドロばくだん/めざめるパワー草/アンコール/こうごうせい@まひなおしのみ
格闘対策以外にブラッキーのバトンをアンコールで妨害したり、タイマンでガラガラに先手を取る。
痺れ粉を持つ個体もあり。カビブラ流行以前からの

51 エアームド ドリルくちばし/どろぼう/どくどく/ふきとばし@おうごんのみ
眠るを切る代わりに攻撃性能、補助技で妨害と場をかき回し相手にすると面倒に。
黄金の実の恩恵は大きく、対格闘ガラ性能を強化できた。

初期の頃に比べて攻めの速度が上昇したが、対特殊性能が落ちた。

対抗馬
電磁砲サイドン
etc

55サンダーを克服する構築
変わらない部分は省略(ry

51 スターミー なみのり/でんじは/あやしいひかり/みがわり@たべのこし
当時は雷をメインとしたサンダーライコウの昆布は人気の構築であり、一概にカビブラが優勢
とは言えなかった。
初期から抱えていた課題であってその克服に採用された。
身代わり連打で、雷の外れから反撃に転ずる。

メタに対応したが一度のミスが命取りに。

衰退へ
変わらない部分は(ry

エアームド ドリルくちばし/どくどく/ふきとばし/まもる@たべのこし

天敵の登場。
物理に異常に強く、取り巻きのブラガラリキーが機能しなくなる。
守るによる電磁砲(最大pp8)へのプレッシャー、さらにカビゴンを相手にする個体を採用されると決定力を出すことが困難になった。

対抗案

ガラガラ  はらだいこ/じしん/いわなだれ/めざめるパワー@ふといホネ
剣ではエアームドに流されてしまうため一撃で仕留めるために太鼓を搭載。
反面HP半減のリスクがでかく、ガラを丁寧に扱う必要が出た。

結果
pbsユーザーの意識が"守る"エアームドの対策に移りだしたためメタの中心にいるとは言い難くなった。

感想

カビブラに関して使うよりも、潰す思考だったね。メタがかき乱された先に何があるかが楽しみだった。
電磁砲サイドンを構築したり、某氏に守るエアのテスト相手になってもらった結果、大量の構築を一気に変えるようになったりとなつかしい。
念のため捕捉ですが、守るエアの開発者は別にいます。
他に裏話もありますがこれ以上乗っけるのも蛇足になるかなと思ってここで締め。

今後について
復帰するかどうかは未定です。このまま引退するのもありかなー。
PR
【2013/12/02 18:28 】 | その他 | 有り難いご意見(0)
<<バクフーンA | ホーム | カビガラあやみが対策>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>